×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

肥満は小児子供で決まる肥満体質!?

私たちが太る理由は、「排泄の量よりも、摂取している量が多いから」というのが一番多いです。
けれど、まだ幼いうちから肥満気味な人も少なからずいます。
基本的に太る理由の1つの「肥満細胞」が確立するのは、大体3歳までといわれています。
3歳までに、親がカロリーの高い食品を与え続けると、肥満細胞が、多くなるので、太りやすい体質になります。
小さい頃のカロリーの多い食生活ばかり続けていると肥満細胞の形成原となり、痩せにくい体質を作ってしますます。

スポンサードリンク

太りにくく、痩せやすい体質とは?

このことを逆手に取って、肥満細胞を少なくしておくことができます。
子どもの頃にカロリーを取らなければいいのです。
太りにくく、やせやすい体質になります。
 太る原因の一つとしては、他に遺伝的な要因もあげられています。
やはり自分の両親や、身内に肥満な人が多いと、自分も太りやすい体質の可能性が多いので、注意しなければなりません。
脂肪が増加する要因として、食べるカロリー量より使うカロリー量がずっと多いことがあげられます。
使わない脂肪が貯め込まれるのです。

太りやすい傾向がある人とは?

日常的に運動する習慣がない人や体力を使わない仕事の人は体内のエネルギーが余り貯め込みがちなので、太りやすい傾向があります。
また過度のストレスの肥満の原因になります。
素直に自分のありのままを受け入れて、自分らしさを認めることも大事です。
今の自分が一番なんだと開き直ってみると安心し、自分らしくいきいきと輝いて見えるようになると思います。

Copyright © 2007 肥満は治療できる!/小児子供で肥満は決まる!